홈페이지 언어 선택

ONE MORE TRIP : KOREANS OFFICIAL TRAVEL MARKETPLAC

ENG 中文 日本語
메뉴 닫기
クラス&ワークショップ

心と声で作る陶磁器の笛

점수 0 점수 0 점수 0 점수 0 점수 0 (0)
26.7 USD
  • 場所恩平区, ソウル
  • スケジュール月曜日 ~ 金曜日 ( 14:00 ~ 16:00 )
  • 期間2 時間
  • 対応可能な言語English, 中文, 日本語
価格 26.7 USD
今すぐ予約提携会社のページに移動してご購入いただけます。
예약하기
今すぐ予約
예약하기
今すぐ予約
예약하기
今すぐ予約
공유하기
概要 聴覚障害を持つパク・ジンオさんは健常者も大変な作業である陶磁器の笛をいとも簡単に作ります。 ジンオさんが笛を作り始めたきっかけには切ないストーリがあります。 五歳の頃、彼は駅で両親と生き別れました。なぜならばジンオさんを探す両親の切実な叫びは彼に聞こえなかったからです。彼はこれ以上自分と同じ痛みを経験する子どもたちが表れないことを願い、小さな笛にその願いを込めることにしたのです。 このようにして作られた笛に対してジンオさんは強い愛情を持っています。そのため彼は人に笛を作る幸せを教えたいと思い、先生という職業に挑戦することになりました。聴覚障害のために生徒たちの質問が聞こえない彼にとって、先生という職業は誰よりも強い勇気と根性がいる挑戦でした。 そのためジンオさんの授業は普通の授業とは少し異なります。マジックショーからスタートし、授業用PPTを利用して生徒たちに笛の作り方を教えるジンオさんの授業時間は笑い声と笛の音でいっぱいです。ユーモアある会話より、ジンオさんの心のこもった努力が生徒とさらに近くなるきっかけとなるのです。 今からジンオ先生が外国語で新しい授業を始めようとしています。ジンオ先生の終わりなき挑戦に応援のエールをお願いします。   ハイライト 陶磁器工房であるジノ陶芸学校で、聴覚障害を持ったジンオ先生の授業を受けながら心温まる時間を送ってください。 お一人様だけではなく、家族、グループの参加も可能です。 糸車体験、窯室の見学まで、陶芸の初めから終わりまでのすべてを経験することができます。 温かいお茶とお菓子を食べながらジンオ先生が準備したマジックショーをお楽しみください。 接する機会の少ない笛作り体験を通じて韓国だけでできる特別な経験してみてください。
インフォメーション

ポイント1 

障害を持っている先生の陶芸授業
ここ、ジノ陶芸学校は障害者と健常者が共にする陶磁器工房です。

障害を越え、土を通じて世の中とコミュニケーションをとる社会的企業です。

聴覚障害と知的障害を持つジノ先生は、ジノ陶芸学校の陶芸家として生徒たちを指導しています。

 

 

ポイント2

ジノ先生のマジックショー

ジノ先生はジノ陶芸学校の陶芸家であり、マジシャンです。

いつも授業が始まる前に一生懸命準備したマジックを披露し、生徒との距離を縮めようとしています。

 

 

 

ポイント3

ジノ先生と笛作り

ジノ先生のマジックショーが終わると、小さな笛作りの始まりです!指先で作られた小さな笛は80dB以上の大きくて涼しげな音が響き渡ります。

自分で作った世界に一つだけの笛が自分を守ってくれる護身用品になるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ポイント4

糸車体験と窯室見学

ジノ陶芸学校は陶芸室と糸車室、そして窯室まですべて完備している陶芸工房です。

ここで実際に糸車体験することも、窯室で釉薬と窯を見学することもできます。

陶芸工程の最初から最後まで見学できる機会は多くありません。

ぜひジノ陶芸学校に遊びに来てください!

 

 

目的地
レビュー

Share

페이스북 공유 트위터 공유 웨이보 공유 이메일 공유
팝업창 닫기

今すぐ予約

提携会社のページに移動してご購入いただけます。

팝업창 닫기